カテゴリー
NEWS

”BRAVE DRAGOON” がAPP STOREでダウンロードできるようになりました!

こんにちは!シモンです。僕の作ったゲーム

”BRAVE DRAGOON”

APP STOREに掲載しました!

操作方法まわりをIOS版へ直したり、

Add MobやGoogle Adsの設定など

新しい知識を勉強してはじめて取り組んだので

とても大変でした… App Store connectの審査が通って

よっしゃー!!と思ったら

バグもエラーもめちゃくちゃ出てたし…😩

でもこれで僕は

また一段と進化しました🔥

今は宇宙のステージに加えて炎のステージを追加する為に

アップデート中です!

みなさんに遊んでみてもらえると嬉しいです☺️

カテゴリー
NEWS

2020渋谷区プログラミングコンテストで優秀賞を受賞!

2020渋谷区プログラミングコンテストで

SIMONの作品

バスケットボールプレイヤーの為のマルチアプリ

【B2B -Back 2 Back-】が

優秀賞を受賞しました!

渋谷区HP

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kodomo/page_em_00069.html

大会結果

https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25648

カテゴリー
NEWS

Tech Kids Grand Prix 2020

「Tech Kids Grand Prix 2020」TOP 10のファイナリストとして

渋谷ストリームで行われた決勝プレゼンに

史上初の【兄弟出場】致しました👏✨

マシロは史上最年少ファイナリスト

シモンは🎖スポンサーアワードを受賞し、

史上最年少の受賞者となりました!

大舞台に名だたる企業の審査員の皆様。さらにはyoutube Live生配信!というなんとも心臓の痛くなるシチュエーション…

マシロは緊張でしっぱいしてしまったシーンがニュースで《たどたどしく、なんともかわいらしい》と思いっきりピックアップされてしまい、落ち込んでましたが😂

ふたりともとても素晴らしいプレゼンでした

2020年は複数のコンテストへの参加を

ひとつの目標として掲げていたブラザーズ。

このような貴重な経験をさせて頂けたことに感謝です。

ありがとうございました

⬆︎プレゼン直前。

ケータリングを食べあらし

お喋りしまくりリラックスしまくりの弟と、

緊張のあまりいてもたってもいられなくなり

別のアプリの開発をし始め、

「落ち着くわぁ…」と零す兄。

なんとも対照的なブラザーズです。


カテゴリー
NEWS レクチャー動画

Youtubeレクチャー動画(Unityゲーム開発アイコン形式のおしゃれタイマーの作り方)を公開しました

こんにちは、SIMONです。

Youtubeレクチャー動画

Unityゲーム開発アイコン形式のおしゃれタイマーの作り方

を公開しました。

今回は “fillAmount” を使った

Unityでのアイコン形式タイマーの作り方を紹介しています。

テキストのタイマー表示よりもデザイン性も高く、

また体力ゲージなどにも使用できるかと思います。

ここに出てくるサメのキャラクターは

弟のマシロが BLENDERで作った

【SHARKY】というキャラで

とても可愛いので借りました。

#unityroom 掲載 最新オリジナルゲーム

【BRAVE DRAGOON】

https://unityroom.com/games/bravedragoon

【DODGE THE VIRUS】

https://unityroom.com/games/dodgethev…

henna games チャンネル登録もお願いします! ▶︎https://www.youtube.com/channel/UC-b-…

SIMON’S INSTAGRAM ▶︎https://www.instagram.com/si_monster_…

カテゴリー
NEWS

新作ゲーム ”BRAVE DRAGOON”をリリースしました

みなさんこんにちは。小学生プログラマーのSIMONです。

僕が通っている “Tech Kids School” で成果発表会があり、

それに向けて開発した

“BRAVE DRAGOON”をローンチしました。

制作期間は、2ヶ月(50時間)程度です。

今回はドラゴン使ったゲームを作ろうと考えていたので、

テーマやコンセプトなどはすぐに決めることができました。


このゲームの主人公はドラゴン。

向かってくる隕石を避けながら宇宙を飛び回るゲームです。


開発環境について

ゲームの開発はUNITY

エディターは VISUAL STUDIO CODE, SUBLIME TEXT

ゲーム内の素材やオブジェクトは PHOTOSHOP, ILLUSTRATOR, BLENDER

を使っています。


概要説明

左右矢印キーで移動、

右下のパワージェムを押すとドラゴンが上昇。

ただし、パワージェムを押すたびにドラゴンは大きくなるため

隕石にぶつかりやすくなり、難易度が上がります。

【プログラム詳細】

ドラゴンが大きくなる動きは“tramsform.localScale”

パワージェムのプログラムは “EventSystem” などを使っています。


左上のテキストはドラゴンが進んだ距離が表示されます。

隕石にぶつかると、左下のHPゲージが減り

HPが0になるとゲームオーバー。

【プログラム詳細】

HPは”fillAmount” で減らしています。


ドラゴンには羽を動かすアニメーションをつけて、

ぶつかった隕石には爆発するエフェクトをつけました。

【プログラム詳細】

ドラゴンが羽を動かすアニメーションはUNITY内でつけて、

隕石の爆発エフェクトは当たった位置から出すようにしています。

GameObject effect = Instantiate(breakEffect) as GameObject;

effect.transform.position=gameObject.transform.position;


隕石について

隕石はランダムな位置から生成されるように

”Instantiate”

隕石がドラゴンに向かってくる動きは

”transform.Translate”

などを使っています。

【プログラム詳細】

変数(GameObject)を9個リストにまとめて

その9個をランダムにInstantiateをしています。

number = Random.Range(0, Inseki.Length);
Instantiate(Inseki[number], transform.position = new Vector3(Random.Range(-78.3f, 78.3f), Random.Range(65.5f, -20.2f), transform.position.z), Quaternion.identity);

ゲームタイトルシーンにはハイスコアを表示しています。

【プログラム詳細】

ハイスコアは、PlayerPrefsをつかいました。

タイトルシーンのハイスコアよりゲームシーンのスコアが小さければそのままにする、

大きければそのスコアをハイスコアとしてゲームタイトルシーンに表示する、というプログラムです。


苦労した点・・

一番苦労したところは、

[ドラゴンの飛行に合わせてステージを無限生成しつつ

通過したステージは消す]

というプログラムを作るところでした。

ドラゴンがステージの端に着いた時、

ドラゴンより後ろのステージをすべて消し、

次の新しいステージをドラゴンの前に生成するというのを

繰り返しています。

これをやらないとめちゃくちゃ重たくなって

ゲームにならないので・・


今後の展開

アップデートをするなら

  • ステージの追加
  • ハイスコア全国ランキングを設置
  • ドラゴンのスーパースキルゲージを設置
  • ドラゴンを育て、レベルを上げることができる育成モードを追加


BRAVE DRAGOON
ヘンナゲームズホームページ( https://hennagames.com )


unityroom にアップしました。


たくさんの人に遊んでもらえると
とてもうれしいです✨

よかったら感想などもおまちしています!

▶︎https://hennagames.com/bravedragoon/

小学生プログラマー SIMON

youtube:https://www.youtube.com/channel/UC-b-Hhvu2bvhRxKPlkImSEg/featured

instagram : https://www.instagram.com/si_monster_gram/

カテゴリー
NEWS

新作ゲーム”DODGE THE VIRUS”をリリースしました

みなさんこんにちは。キッズプログラマーのしもんです。

今世界中のみんなが新型コロナウイルスの影響で外に出れず、Stay Homeを要請されています…。

僕も学校は休校になり、習い事も行けず

「コロナウイルスなんてDestroyすればいいのに😩」と思ってしまいました。

そんなストレスを抱えた僕はウイルスを倒すゲームを開発することにしました。


DODGE THE VIRUS とは

DODGE THE VIRUS”は上から降ってくるウイルスを主人公のレオパードゲッコーが避け、最後はボスウイルスを倒し、世界の平和を取り戻すゲームです。

開発はunity、オブジェクトはBlenderとphotoshopでつくり

1日2〜4時間かけて10日くらいで完成しました。

キャラクターについて

ウイルスやアルコールスプレーなどのオブジェクトはBlenderでつくりました。

今回プレイヤーは僕が飼っているヒョウモントカゲモドキを使いたかったので、こちらもBlenderで作ってみたのですが、まだ僕のスキルでは上手にできなかったので すこどーじさん(https://twitter.com/suko_doge) の販売している可愛いレオパを買って、使用の許可をいただきました。

▶︎https://suko-doge.booth.pm/items/1557386

プログラムについて

ステージ1、2のウイルスの動きはInstantiate, InvokeRepeatingを使いました。

ボスの動きはPhysics Material, transform.Translateを使いました。

ステージ5でのチビウイルスの大きくなったり小さくなったりするのは、Animationを使っています。

アップデートについて

今後アップデートするしたら、

・プレイヤーにライフを設定する
・ステージ追加

あとちょっと、、むずかしすぎたかもしれないので

ゲームオーバー後は、1ステージからではなくプレイステージからのリトライに変えようかなと思います。

ぜひみなさんも遊んでみてください✨

よかったら感想などもおまちしています!

▶︎https://hennagames.com/dodgethevirus/